眼科クリニック向け画像ファイリングシステム

低コストで導入しやすい。
シンプルな操作だからスグに使える眼科クリニック向け画像ファイリングシステム。

クラウド型で眼科向けの電子カルテとしては初のCLIPLA Eyeのオプション

スリーゼットが選ばれる理由

EZCap Eyeは、クリプラ社の眼科専用クラウド電子カルテ「CLIPLA Eye」の画像ファイリングオプションです。CLIPLA Eyeから直接キャプチャ画面を起動できるので、患者ID入力の必要がありません。
また、CLIPLA Eye同様に初期導入費も毎月の維持費も抑えることができるプランをご用意しておりますので、圧倒的に導入・乗り換えしやすくなっています。

眼科クリニック向け画像ファイリングシステムの課題とソリューション

導入しやすいシンプルな機能と使い勝手の良いファイリング

多機能を必要とせず、画像を記録して素早く見たい。そんなニーズにお応えする画像ファイリングです。

初期導入費をなるべく抑えた画像ファイリングシステムを探している

EZCap Eyeは初期導入費36万、後は月額固定料金のため圧倒的に導入がしやすい画像ファイリングシステムです。

スリットランプの左右を自動判別

位置センサーにより画像記録時に左右の情報を自動的に付加できます。

パソコンやモニタは自分で選びたい

基本的な動作仕様を満たしていればご自由にお選び頂きます。

手間を掛けずに問診票や指示書をファイリングしたい

富士通社製ScanSnapで、スキャン後すぐに自動ファイリング。受付スタッフさんの負担を大幅に削減できます。

製品情報

CLIPLA Eyeとの連携が可能
眼科クリニック向け画像ファイリングシステム「EZCap Eye」

低コストで導入でき、シンプルな操作で使いやすい。さらに、クラウド型電子カルテと連携できる画像ファイリングシステム。

TOP