クラウド型PACS WATARU

クラウド派の最先端のPACS活用に応える
クラウド型PACS WATARU

電子カルテとの連繋もバッチリ!

スリーゼットのクラウド型PACS「WATARU」は、電子カルテはもちろん、
複数モダリティとのシームレスな連繋で、診療効率を大幅にアップします。

WATARUの高性能を担う WATARU-CUBE & WATARU-Viewer

コンパクトなCUBE ボディに、高性能の高信頼性を凝縮。 SSD の採用によりHDD の数倍の耐障害性を実現。 システムの稼働はデータセンターが常時監視し、 万一障害が発生した場合もリアルタイムで検知します。 データセンターとの通信制御・管理、 各検査装置とのDICOM 受信や院内他システムとの連繋まで PACS 運用のあらゆる役割をきめ細かく果たします。

最速で画像を保存・処理・表示するWATARU の高性能を ドクターの診療の現場で活かせるための どこまでも使い勝手を最優先したWATARU-Viewer。 高性能・多機能・スピーディな処理速度はもちろん、 これまでのPACS 開発・改良でスリーゼットが培ってきた、 ドクター・ファーストなノウハウを存分に注ぎ込み、 使いやすさを徹底追求したビューワです。

WATARUのアドバンテージと解決する課題

クラウドならではのアドバンテージ

サーバー不要!

大きなパソコンが必要なく、コンパクトなWATARU-CUBEの設置のみ。サイズも小さく、場所を選びません。

ハイスピード閲覧!

クラウドとは思えない閲覧スピードを実現。クラウドに保存しながら、CUBEに画像を一時保管。オンプレ製品と同等の画像閲覧スピードを維持します。

災害発生時も安心!

東日本、西日本の2拠点でデータを二重保管。万一の災害発生時のデータ確保も安心です。

セキュリティも万全!

画像をクラウドへ転送する前に「暗号化」と「秘密分散」を実施。情報セキュリティも万全を尽くしています。

クラウドシステムならではのアドバンテージ

ソフトウエアのアドバンテージ

必要なソフトだけを厳選してご提案!

診療科や、接続モダリティ等、施設やドクターが必要とされるソフトだけを厳選してご提案いたします。

クリニックの開発実績多数!

自社開発による豊富な開発事例・開発実績。病院はもちろん、クリニックのドクターのご依頼に即したきめ細かな対応でお応えします。

複数モダリティをカバー!

汎用性ビューアで、マンモビューアも含めた複数モダリティをカバー。専用ビューアなしにマンモグラフィもデフォルトで設定可能です。

画像以外のソフトも対応!

医療画像以外の形式も柔軟に取り込めるソフトが多数。マニュアル登録やスキャナ登録をはじめ、自動で取り込む多数のソフトをご用意しています。

ソフトウエアのアドバンテージソフトウエアのアドバンテージ

ハードウエアのアドバンテージ

サーバー更新不要!

クラウド型PACSなら、容量が足りなくなり、サーバ増設など必要ありません。少ない容量でスタートし、足りなくなった場合、クラウドの容量を上げるだけで対応可能。また、サーバの更新費用も不要です。長くお使い頂くほどコストメリットがあります。

ハードウェアはご用意のものでOK!

パソコン、モニターはもちろん、無停電電源装置やモニターアーム等、必要スペックは情報提供させていただきます。

電子カルテ等端末あいのりOK!

他社システムのあいのり実績も多数。ご要望に応じて会社間で動作検証も行い、ソフトウェアインストールも柔軟に対応します。

ハードウエアのアドバンテージ

WATARUを活用した画像管理のメリット

初期費用が不要
初期費用が不要
コンパクトなWATARU-CUBE を使用容量に応じた月額制のレンタルでご提供。クリニックの資産にもならず、月々の経費経常により財務改善にも貢献します。サーバー機器の購入・更新・管理にかかるコストも抑えられ、より経済的に活用できます。
サーバー設置スペースが不要
サーバー設置スペースが不要
サーバーレス運用をかなえる超コンパクトなWATARU-CUBE。サーバーの増設や買い替え、容量不足等の不安が一切なくなり、クリニックの診療現場で、画像情報を存分に活用できます。各種検査機器等の拡張にも柔軟に対応でき、個々のドクターの診療スタイルをきめ細かくサポートします。
セキュリティの心配が不要
セキュリティの心配が不要
大切なデータは、国内東西2 拠点のデータセンターに、それぞれ二重保管されます。暗号化・秘密分散による機密漏洩防止にも、二重三重の万全を尽くしています。万一の災害発生時のデータ確保も安心で、情報の保管・セキュリティの不安を解消します。
アクセスのストレスが不要
アクセスのストレスが不要
画像情報を活用する場合のほんの少しのタイムラグが、ドクターの診療時のストレスを発生させないよう、情報アクセスのスピードを徹底追求。クラウド上のデータセンターにアップロードされたデータは、WATARU-CUBE 本体にも保存され、院内のデータ参照をどこまでもスピーディに行えます。

医療情報

画像ビューアソフトは、薬機法の認証を取得しております。
一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
リスク分類:管理医療機器(特定保守管理医療機器)
製造販売業許可番号:13B2X00373
医療機器認証番号:21800BZZ1007100

TOP