健診施設向けPACS

健診施設向けPACSに関するお悩みを解決します

スリーゼットが選ばれる理由

弊社は長年にわたり大規模健診施設向けのPACS開発に携わってきました。健診施設の業務フローは健診施設の数だけあると言われておりフルカスタマイズがほとんどです。これから健診PACSの導入をご検討されているお客様に弊社のノウハウを最大限に活用しご提案致します。

健診施設向けPACSの課題とソリューション

読影時に対象患者を探すのに手間がかかる

ドクターを指定して読影依頼。ドクター側には依頼された受診者のみ表示され、すぐに読影を開始できます。

表示が遅いと枚数の多い読影は大変

読影開始時にキャッシュ機能で画像を高速表示

機能を拡張したいが追加コストがかかる

マンモ読影、簡易検像機能が標準

モダリティが増えるたびにマッチング業務が複雑化する

異なるモダリティのマッチングも一元的に自動化。複雑なマッチング業務を革新的に効率化できます。

院内・院外読影、オンライン・オフライン読影が一元管理できない

複雑な読影業務も全て一元化可能。管理者の負担を大幅に軽減できます。

製品情報

オンプレミス派のきめ細かな期待に応える
オンプレ型PACS Caps-Web

オンプレミスならではの安心感を約束。長年クリニックのドクターに寄り添いながら、その使い勝手を、まさに"かゆいところに手が届く"感覚で、きめ細かく進化させてきた3zが誇るオンプレミス型PACS、Caps-Web。運用方法に最適化した、どこまでも柔軟なシステム構成が可能です。

TOP