導入事例

一般社団法人 京都微生物研究所

業務時間を90%削減 / 手作業からの脱却 / デジタル化で指導数が前期比30倍 / クラウド型特定保健指導向けソフト「健康白書」

健診クリニック / クラウド型特定保健指導業務向けソフト 健康白書

一般社団法人 京都微生物研究所

一般社団法人 京都微生物研究所は、1917(大正6)年、関西でのコレラ流行をきっかけに創立され、100年以上にわたり地域医療の役割を担ってきました。現在は臨床検査、環境衛生、公衆衛生、そして2005年に設立された付属診療所での健診の4事業で、京都の公衆衛生に寄与しています。
健診事業の柱として保健指導まで一気通貫した実施を重視する当施設での「健康白書」の導入効果や今後の展望について、事業部 次長 桐畑邦広氏、健診事業部 健診業務課 課長 小牧容子氏、指導員(看護師) 朝田加奈氏にお聞きしました。

TOP