株式会社スリーゼット

| ビジネスパートナーの皆様へ | 採用情報 | 企業情報 |

株式会社スリーゼット

メニュー

医療情報管理システム

病院内の情報管理システムは主にこの3つ!
『PACS』『RIS』『HIS』は連携し、医療情報システムの
管理を行っています。

PACS(パックス)

PACS=医用画像管理システム (Picture Archiving and Communication Systems)の略。
診断のための検査画像を効率的に管理・配信するための画像部門の中核システム。
検査した画像をデジタルデータで受信、保存・データベース化し、端末からのリクエストで指定の画像を配信。もともとは従来のフィルム診断の代わりにパソコンを通して診断をするためのシステムのことで、世界基準の画像規格「DICOM」を使い連携をすることで、内視鏡、エコー、眼底といった、本来フイルムを使用しない画像についても、基本的にPACSによる一元管理が可能になっている。そのため、多くの医療施設がPACSを導入している。

RIS(リス)

RIS=放射線科情報システム(Radiology Information System)の略。
主に放射線科の業務管理のための部門システム。
検査予約や、照射録管理、検査業務統計などの撮影情報をデータベース化し管理するシステムで、オーダリングシステムや医事会計システムなどと連携をする。また内視鏡、エコー、眼底などの検査と治療もRISによって一元管理することが可能である。

HIS(ヒス)

HIS=病院情報システム(Hospital Information System)の略
病院全体の診療・会計業務の効率化のためのシステムの集合体。
オーダリング、電子カルテ、医事会計システムなど 様々なシステムで構成されており、施設の規模により異なる。PACS、RISとも連携し、患者情報、検査情報等をやり取りし、効率的な診療業務を可能にする。

モダリティ

エコー、レントゲンなどの各種検査機器を大まかに分類するための呼称。
アルファベット2文字の略語を用いることが多い。ただし検査機器メーカーにより異なる場合もある。
(例)
US・・・エコー
ES・・・内視鏡
CR・・・レントゲン 等

オーダリングシステム

医師を発生源とする一部のオーダを電子化し、効率化するためのシステム。
電子カルテのシステムに含まれることが多い。
医師が処方・注射、検査指示、撮影指示、栄養指示などの指示をコンピュータを用いて行なうシステム。院内のほぼすべての部署と連携する必要がある。部分的な電子化であるため、オーダリングシステムを含む電子カルテと一緒に導入されるのが一般的。

電子カルテ

カルテを電子化して効率的に管理するためのシステム。
紙のカルテを利用する場合に比べ、保存や管理が簡単で、院内の別の場所で必要なときネットワークを通じてすぐに呼び出すことができる。ただし費用が高く、また診療報酬の加算点数がないため、導入を迷っている病院、医院もまだまだ少なくはない。

レセプトコンピュータシステム

医療事務における多大な事務処理を効率化するためのシステム。
医事会計においてレセプト(診療報酬明細書)を作成するためのコンピュータで、一般的にはレセコンと略される。
手書きで作成していたレセプトをIT化することで事務の負担が軽減されるというメリットがある。
診療報酬の改定や政府がレセプト電算化を推進してきたこともあり、レセコンの普及率は非常に高い。

MWM(エムダブリューエム)

MWM=検査機器予約リスト管理(Modality Worklist Management)
DICOM変換した情報を使い、検査装置へオーダー情報の提供を行うためのリスト管理。
一般には病院のオーダー情報を取得して、DICOM変換し、検査装置へ情報提供を行う。
MWMをするために別にサーバをたてる場合もあり、PACSよりHISの分野で扱われることが多い。

検像システム

画像をPACSへ送る前段階で順番や画質などを事前に調整し、より参照しやすく編集作業をするためのシステム。
各検査機器からからDICOM画像を受信し、画像をPACSへ転送する前に、表示条件、画質、患者の属性等の確認を行い、見やすい状態へ編集することができる。

お問い合わせ

製品・ソリューションに関するお問い合わせは株式会社スリーゼットまでお気軽にお問い合わせください。
製品パンフレットや導入事例も無料でご送付いたます。

お電話でのお問い合わせ

東 京 03-5289-7531

ウェブでのお問い合わせ