株式会社スリーゼット

| ビジネスパートナーの皆様へ | 採用情報 | 企業情報 |

株式会社スリーゼット

メニュー

DICOM GATEWAY MV-3CS/H-D

特徴

内視鏡装置の静止画・動画データをDICOM変換して、サーバー管理

SSD搭載で、約30秒の高速起動!
1秒間で約2枚のシャッタースピード!
操作性に優れたフロントパネル搭載!
PPR機能(過去の検査画像を呼び出して表示)搭載!

MV-7000S-D/MV-7000H-Dは、内視鏡から取り込んだ動画・静止画の検査データを内蔵HDD内で、一時保存し、DICOMデータに変換した後、DICOMサーバへ自動転送します。

標準モデル【静止画/短時間動画】MV-7000S-D

静止画記録に加え、処理過程を動画で記録するためMulti Frame形式で最長5分録画に対応します。

高解像度モデル【静止画/高画質動画・長時間動画】MV-7000H-D

静止画像記録に加え、処理過程すべてを動画で記録するためMPEG2 TS形式で最長24時間の長時間録画に対応します。

診断装置との通信連動 MV-7000S-DMV-7000H-D

RS-232Cを介して、診断装置などの外部器機からMV-7000S-D/MV-7000H-Dを制御することが可能です。

機能

PPR※機能(過去の検査画像を呼び出して表示) MV-7000S-DMV-7000H-D

DICOM Q/R接続またはローカルHDD内の検索のどちらかにより可能です。同患部の「過去記録画像」をモニターに表示
します。前回の検査記録を画像を見ながら検査ができます。
当該患者の過去画像をPACSに問合せて取得し、過去の検査画像を確認することが可能です。
※PPR=Previous Picture Reviewing

Storage(ストレージ)機能MV-7000S-DMV-7000H-D

画像キャプチャー後、DICOMデータとしてPACSサーバーへ送信します。

動画記録機能

MV-7000S-D

最長300秒の動画記録が可能です。
Multi FrameのDICOM動画としてサーバーへ送信します。

MV-7000H-D

静止画像記録はもちろんのこと、動画記録機能も装備しています。
処置の過程を動画で残したいというご要望にお応えします。

MWM機能(ワークリスト)MV-7000S-DMV-7000H-D

患者IDで検索し、該当属性を取得します。(患者属性取得)
検索条件によりワークリストを取得します。(ワークリスト取得)

MPPS機能(実施情報)MV-7000S-DMV-7000H-D

検査内の1枚目の画像転送する前にMPPS通信(検査開始)を実施します。
検査が終了した後、MPPS通信(検査終了)を実施します。

接続イメージ

DICOM GATEWAY MV-3CS/H-D

カタログ

ダウンロード


お問い合わせ

製品・ソリューションに関するお問い合わせは株式会社スリーゼットまでお気軽にお問い合わせください。
製品パンフレットや導入事例も無料でご送付いたます。

お電話でのお問い合わせ

東 京 03-5289-7531

ウェブでのお問い合わせ