株式会社スリーゼット

| ビジネスパートナーの皆様へ | 採用情報 | 企業情報 |

株式会社スリーゼット

メニュー

沿革

                             
1999年6月 東京都千代田区に株式会社スリーゼットを資本金1000万円にて設立。医療情報関連システムおよび各種ソフトウェア・ネットワーク関連システム業務の開発販売。医用画像取込装置『CapBox 』シリーズの開発販売。医用画像データベースソフト『d-View』および『d-ViewPlus』の開発販売。動画像デジタルファイリングの開発販売。永島医科器械株式会社と耳鼻咽喉科向けの動画/静止画像デジタルファイリングシステムの販売開始。
1999年11月 内視鏡・超音波エコー向けレポーティングソフトの開発販売。
2000年9月 日立コンピュータ機器株式会社とフィルムデジタイザの販売契約を締結。
2001年4月 DICOMデータ受信・管理・変換ソフト『DRC-2000』の開発販売。
Webブラウザ表示・管理ソフト『d-View Web』の開発販売。
2001年10月 日本ビクター株式会社とDVD-RAMチェンジャーの販売契約を締結し、中/大病院向けの大容量画像ストレージ構築の開発販売。
2002年4月 福岡県北九州市に福岡営業所の開設。各社電子カルテシステムと『d-View』の連動開発。
2002年6月 資本金を2000万円へ増資。
2003年1月 『d-View』の後継『d-View Ⅱ』の開発販売。
2003年2月 DICOMサーバ『DRC2000-SRV』の開発販売。
2004年1月 読影専用DICOMビューワ『MIViewer』の開発販売。2005年5月『EZCapPersonal』の後継『EZCap』の開発販売。
2005年6月 大阪市福島区に大阪営業所の開設。2006年2月高度管理医療機器等 販売業・賃貸業の取得。
2006年5月 「医用画像ワークステーションCaps」の医療用具製造承認取得。2006年7月医療用具製造業の取得。
2006年12月 情報セキュリティの国際規格「ISO / IEC 27001」 を認証取得。
2007年5月 群馬県立がんセンター 様 新病院へPACS導入、院内の約300台のPCにd-View2が稼動する。
2007年10月 DICOM CD Viewer&レポーティングシステムの開発販売。
2008年4月 フィルムレス化(画像診断加算)によるパッケージ販売。
2009年10月 業務拡充のため大阪営業所を福島区から淀川区へ移転。
2009年11月 日本IHE協会「コネクタソン2009」のPMCとPMIに合格。
2010年11月 業務拡充のため福岡営業所を小倉北区片野から小倉北区堺町へ移転。
2010年3月 ハイビジョン対応 DICOM Gateway DSシリーズ『 DS-10XS』及び『DS-10XH』の販売開始。
2010年11月 耳鼻咽喉科向け 『EZCap』の後継 『EZCap2.5』の販売開始。
2011年3月 WEBベースの多機能Pacs『Caps-Web』の販売開始。
2012年11月 動画対応 DICOM GATEWAY MVシリーズ 『MV-3CS-D』の販売開始。
2014年3月 ハイビジョン動画対応 DICOM GATEWAY MVシリーズ 『MV-3CH-D』の販売開始。
2014年5月 開発業務拡充のため、本社近接地にテクニカルセンターを開設。
2014年10月 業務拡充のため福岡営業所を小倉北区堺町から小倉北区浅野へ移転。
2015年3月 テクマトリックス株式会社と連携したクリニック向けのクラウドサービス「WATARU」プレスリリース。
2015年10月 テクマトリックス株式会社と連携したクリニック向けのクラウドサービス「WATARU」販売開始。
2016年6月 西日本地域での業務拡充のため、株式会社スリーゼットソルベーション(100%子会社)を設立。
資本金を3000万円へ増資。

お問い合わせ

製品・ソリューションに関するお問い合わせは株式会社スリーゼットまでお気軽にお問い合わせください。
製品パンフレットや導入事例も無料でご送付いたます。

お電話でのお問い合わせ

東 京 03-5289-7531

ウェブでのお問い合わせ